2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.05 (Mon)

音楽について

 ブログを書いてみるわけですが、いつまで続くか、またこれが世の中に対してどんな役にたつのか不明です。ただ、自分自身の創作活動の記録と報告として、また、音楽が好きな人、これから音楽の創作を始めようと思う人、音楽に限らず既に創作活動をされている人達との意見交換や助言などを通じて自分自身の勉強の為に、色々な事を書いていこうと思います。
見て頂いた方にとって、このブログが少しでも何かの役に立てれば幸いです。

 まず、「音楽について」などと大きな事を書いてしまいましたが、僕自身プロでもなく、ただの素人ですので、一人の人間として音楽を愛してきた上で思う事に過ぎない事をご理解下さい。

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」とイエス・キリストさんが仰ったそうですが、生きていくためには食糧といった身体的に必要な物だけでなく精神的な栄養も必要だ。と言われているそうです。
 それは、愛であったり、娯楽であったり、欲望であったりするわけですが、(個々の定義はあいまいですが)その中で音楽などの創作が芸術として発展してきました。
しかし、パン(食糧)のみでは生きていけませんが生命は保てます。対して心の栄養だけではそれすら叶いません。
当然ですが娯楽や芸術というのはまず生命維持活動ありきなのですね。
 そうなりますと、商業活動としての芸術が合理的になります。当然ながら、より大多数の人に支持される事が重要になっていきます。人それぞれの好みや嗜好は千差万別ですので、より多数の嗜好の重なる部分が多いと「売れる作品」となります。相対的に多数の支持を得られないと「売れない作品」となります。しかしここで言いたい事は、「売れる売れない」で優劣をつけたいのではなく、作者自身がその作品を愛する以上、嗜好の近い人間にとっても需要がある。と言いたいのです。
 
 非常に前置きが長くなり大変申し訳ありませんが、僕自身の音楽に対しての考え方として、
それを作りたいと思ったなら、全力を以て作る事で、自分に近い人種の需要を満たす事ができ、それによって少なからず世の中の役に立つのではないか。と思い僕は音楽を作ります。

結果大多数の人に作品を気に入って頂ければ、それに勝る幸福はありません。
見て頂きありがとうございます。ご意見、助言などありましたら是非お願いします。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。




テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

00:06  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://artisritsu.blog18.fc2.com/tb.php/1-2bb5b89a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。